当店のえさの取り扱いについて

ここ最近お客さまから「えさをどういうふうに扱っているのか」「異物混入についてはどう対応しているか」というお声をたくさんいただきます。
当店のえさに対する考え方と、雑穀の仕入れからブレンドして発送するまでをまとめてみましたので、参考にしていただければ幸いです。

01自分の愛鳥にあげたい、というのがキッカケ

店長の愛鳥 桜文鳥のスピカくん
もともと店長のわたし自身が、愛鳥の桜文鳥スピカに健康的で美味しいゴハンを食べさせたいと思ってつくったえさです。飼料用ではなく、ヒトが食べる用、しかもヒト用でも最高級な「有機JAS」の認定をとっている雑穀をメインにブレンドしています。

02生産者さんとはなるべくお会いします

仕入先の生産者さんにはできる限り直接お会いしています
会えるところであれば実際にお伺いしてお話をさせていただいています。ヒト用の最高級雑穀を鳥に、ということで物好きだと笑われたりすることもありましたが、ご理解いただけた生産者さんからは快く雑穀を仕入れさせていただいています。

03最初は20kg米袋で入荷

20kgの米袋
収穫が終わり、乾燥を経てだいたい12月下旬ごろ、20kgの米袋でドサッと入荷してきます。穀物でしかも殻付きなので、本当はこの状態で保存していても全然OKなのですが、当店ではこれを一旦1.5kgずつくらいに小分けにして真空パックし鮮度を保っています。

04真空パックして棚で保存

真空パックして丈夫なスチール棚で保存
当店で仕入れる雑穀の生産者さんはものすごくこだわりが強く農産物に愛着のある方ばかりなので、この時点ですでにほぼ異物はないのですが、念のため異物などがないか目視で確かめながら、小分けにして真空パックしていきます。それをさらにスチール製の頑丈な棚に並べ、下からの湿気などにもやられないよう気を配っています。

05ブレンド作業用の小さい保存容器に移し替え

ブレンド作業用の小さい容器に移し替え
保存している中からそれぞれ1パックを開封して、ブレンドしやすい小さい容器に移し替えます。真空パックほどではないですが、ちゃんとした密封容器で異物は入りませんし、量も少ないのですぐ新しい雑穀が補充されていきます。

06ご注文をいただいてからブレンド

ご注文が入ってからブレンド
文鳥・セキセイインコ・コザクラインコ・オカメインコ、ダイエット・スタンダード・ファット、お試し用などでそれぞれブレンド割合が異なるため、ご注文をいただいてからブレンドしていきます。それぞれの重さを計る際に再度目視で異物がないか確認し、必要であればざるでふるいます。

07ブレンド後すぐに真空パックして発送

ブレンド後すぐに真空パックして発送
ブレンド後はすぐに真空パックし、エアパッキンで巻いて梱包した上で、基本的にその日のうちに発送してしまいます。まれに到着時に真空がゆるんでしまっていることがございますが、配送時に衝撃を受けたか圧着部分に雑穀等が挟まっていて空気が抜けてしまったかなので、品質に問題はございません。もちろん、梱包内に雑穀がこぼれ出ているような場合はお取替えいたしますので、お受取後4日以内にご連絡くださいませ。

まとめますと、

・飼料用ではなくヒト用の高級雑穀をメインに仕入れている
・20kg米袋から真空パックに小分けにする際に1回、真空パックからブレンド作業用容器に移す際に1回目視で確認し、ご注文時ブレンドする際に目視確認と必要であればざるでふるっている
・保存している間も真空パックの状態で、かつ地面ではなく棚に並べている


以上のことから、異物等が混入している可能性はとても低いと思われます。

もちろん、ヒトがつくったものをヒトがブレンドしているため可能性ゼロではありませんが、わたしたちはこれからも「自分の愛鳥にあげる」クオリティのえさをつくり続けていきたいと考えています。

※雑穀それぞれについて詳しく知りたい方は当店で取り扱う雑穀等についてのページをご覧ください。
※有機JAS等について詳しく知りたい方は「無農薬」と「有機」の違いのページをご覧ください。

食の細い子や太り気味の子へFAT & DIET

ブレンドの種類は3種類
栄養バランスに優れた「スタンダードブレンド」に加え、消耗しやすい換羽期・抱卵期の子や食が細い子用に比較的脂質が高めな「ファットブレンド」、太り気味の子用に比較的脂質を抑えた「ダイエットブレンド」、3種類のブレンドをご用意しております。

こちらもオススメですRECOMMEND

  • ブレンドの種類は3種類
  • 「無農薬」と「有機」の違い
  • 当店のえさの取り扱いについて
  • はじめまして
  • 当店で取り扱う雑穀等について
  • 愛鳥自慢のページ
  • お客さまの声
  • 愛鳥の寿命を1.5倍に伸ばしたい
  • スタッフブログ
  • LINEスタンプ シュールな鳥たち
  • Bird Story
  • tekst
pagetop